レッスン内容(メインカリキュラム)

音楽理論をコアとしたポピュラー音楽の作曲、アレンジの習得をメインのカリキュラムとしています。
レッスンの動画もYoutubeに公開していますのでサンプルとしてご覧ください。
http://www.youtube.com/user/kohtarooffical

レッスンの特徴

体系的、合理的、効率的であるよりも
音楽的であることを重視したレッスン

音楽のレッスンで一番大事なことは何でしょうか?体系的であること?合理的であること?効率的であること?確かにそれらも大事ですが何よりも一番大事なのは音楽的である、ということです。ここが欠けてしまうと仮にどんなに体系的、合理的、効率的であっても全て無意味になってしまいます。音楽のレッスンは音楽的な悦びとともにあるべきだからです。その実現のためにもレッスンでは知識をただ覚えるだけではなくイヤートレーニング、サイトリーディング(読譜)などのソルフェージュ関連、作曲のためのキーボードトレーニングも積極的に行い、理論と耳をコネクトできるよう、技術として音楽理論を使えるよう全方位からアプローチします。

講師のこだわりでセレクトされた
幅広いジャンルと楽曲

巷でいうところのポピュラー音楽理論、バークリーメソッド、ジャズ理論、コード理論をベースとしつつもジャズ等に限定したシチュエーションのレッスンではなくロック、ポップス、ブルース、R&B、クラブミュージック、クラシック、映画音楽、アイドル、アニソンなど講師のこだわりでキュレーション、セレクトした様々な楽曲、ジャンルを最新のものから往年の名曲まで幅広く扱っています。現在参考曲だけでも400曲を優に超えておりその数は今も更新中です。
例えるのなら様々なブランドを扱うけれども独自の世界観や一貫したイズムがある「セレクトショップ」のようなレッスンであることを目指しています。自他ともに認める音楽オタクでもありますのでレッスンを通して様々な音楽やジャンルとの出会いのきっかけを提供したいと考えています。

オリジナルのテキスト

テキストなどは私が制作したオリジナルの教材を中心に使用します。受講生の方向性に合わせて市販の書籍を薦めることもあります。内容や状況に合わせて臨機応変に手書きで譜面に書きながらレッスンを進めます。下の画像は実際のサンプルです。クリックすると拡大されます。またブログで参考図書となる本を紹介しています。

レッスンの録音

レッスンは毎回録音してお渡しします。私自身、作曲を勉強していた時期に一番効果があったのは、レッスンを録音した音声を空き時間や移動中などに聴くことでした。
もちろん自分は目で学ぶだというタイプの方もいるかと思いますが一度試しに耳から学ぶということを実践してみてください。想像以上の質の高い学びの効果に驚くはずです。
特に音楽をやっている方は一般の方よりも耳の感度が高いので非常に相性の良い学び方です。自分だけのレッスンの音声を繰り返し聞く事で良い復習になりますので次回のレッスンまでに最低1回は聞いてもらうのを勧めています。
またオンラインレッスンを受講の方はzoom内のレコーディング機能を使ってレッスンの録音、録画も可能です。

メインカリキュラム

メインカリキュラムはBasic、Middle、Advancedの
3つのクラスに分かれており
各自の能力や求めるレベルに合わせて受講可能です。

DTM、DAWに特化した選択講座もありますのでレッスン生の方向性に合わせて追加で受講することも可能です。

オンラインレッスンにも対応しています。

またクラシックの和声や対位法などの音楽理論(エクリチュール)もレッスン可能です。

その他、カリキュラムにはない個人的な質問や相談、
(機材購入の相談、おすすめの音楽、音楽活動についてや人生相談まで幅広く可能です)
曲のアドバイスが欲しい場合もレッスン時間内でしたら可能ですので気軽にどうぞ。


Basic

ポピュラー音楽における基礎を中心に学びます。また単なる知識の暗記でなく技術としての音楽理論を血肉化するためにもこの段階からイヤートレーニング、サイトリーディングなどのソルフェージュ関連、作曲のためのキーボードトレーニングも並行して行い理論と耳をコネクトすることを意識します。
これまで何人もコードのコの字のわからない方を理論好きに変えてきましたので全くの初心者の方もご安心ください。

主なカリキュラム

譜面の読み書き、インターバル、スケールの基礎知識、メジャーキーの基礎、ダイアトニックコード、サークルオブ5th、ケーデンス、コード進行の基礎、テンションとアボイドノート、♭9インターバル、Maj7の注意点、マイナーキーの基礎、マイナースケールの使用法、モードの基礎、セカンダリードミナント、ドミナント7thにおけるスケール、オルタードスケール、エクステンデッドドミナント、リレイテッド IIm7、sus4、理論的に正しいメロディーの作り方、音楽的なメロディーの作り方、リハーモニゼーション…etc


Middle

Basicが基礎だとしたらMiddleは応用です。オリジナル曲を書くだけでしたらBasicのレベルで充分に可能ですが、実際にプロが作った曲と比較すると+αの部分が足りないと悩んでいる方は多いのではないかと思います。Middleではその+αの正体となるコードやスケールを中心に学び、特にコードの扱いに関しては巷の「プロ」と呼ばれている人たちと同じレベルを目指します。作曲やアレンジを本格的に学びたい方はもちろんのこと、理論に裏打ちされた演奏をしたい知性派プレイヤーを目指す方にも役立つ内容です。また感性を鍛えるトレーニングとして絵や物語をモチーフとしたオリジナル曲の制作も同時に行います。

主なカリキュラム

モーダルインターチェンジの基礎、高度なモーダルインターチェンジ(ナポリの6度、ピカルディーの3度など)、インヴァージョン(転回系)、ラインクリシェ、サブスティテュードドミナント(裏コード)とそのバリエーション、リディアン♭7th、ディミニッシュコードとスケール、シンメトリックドミナントスケール(コンディミ)、転調、ハイブリッドコード、ペダルポイント、ブルースの基礎と基礎的な作曲法、高度なブルースの作曲法、絵や物語からのオリジナル曲制作…etc


Advanced

Basic、Middleで学んだ知識や技術を元にさらに踏み込んで、主に現代のアレンジに必要なジャズをベーシックをしたハーモニーとより高度な音楽理論について学び本格的に音楽を書くトレーニングを行います。最終的にはジャズビッグバンド、オーケストレーションが出来るレベルを目指します。人によってはオーバースペックな内容かと思いますのでAdvancedは受けずにBasicやMiddleでレッスンを修了させることも可能です。打ち込み全盛の今のご時世ですがオーケストレーションができてアレンジャーはやっと一人前と呼ばれるようになると言われています。技術だけに限定すればある意味プロとアマの差といっても過言ではないかもしれません。テクノロジーが発達したおかげで今は誰もが気軽に音楽を作れるようになりましたがこの差が縮まることは今後もないでしょう。Advancedの受講に関しては課題などの制作に、最低限のDTM・DAW環境、Middleまでの音楽理論の習得が必須となります。

主なカリキュラム

クローズボイシングとオープンボイシング、ドロップボイシング、ハーモニーのアプローチテクニック、スプレッドボイシング、アーティキュレーション、カウンターポイント、ウォーキングベース、4thボイシング、クラスターボイシング、ポリコード、アッパーストラクチャートライアド、ビバップフレーズ、マルチトニックシステム(コルトレーンチェンジ)、モーダルハーモニー概論と作曲法、ビッグバンドの作曲とアレンジ、オーケストレーション…etc


Entended

Advancedまでのカリキュラムを全て修了した方向けのレッスンです。カリキュラムにはないより実践を重視した内容のレッスンを行う他、Extendedの方のみを対象としたグループレッスンや交流会も行っておりますので、同じ志を持つ仲間たちとのコミュニティ、サロンとしての役割も担っています。
第8回からの活動の記録はこちらをご覧ください。
https://kohtaro.com/wp/category/grouplesson/
第7回まではこちらの旧ブログをご覧ください。
http://blog.kohtaro.com/?cid=14