メッセージ

最後になりますがレッスンに興味のある方、迷っている方へのメッセージを書いておきます。
私がどんな人間なのか、なぜレッスンをしているのか少しでも伝わればと思っています。
かなり長い文章ですのでお時間のあるときにでもご覧ください。


音楽なんて大嫌いだった

私が音楽を始めたきっかけは5歳の頃、 親に強制的に習わされたバイオリンでした。
人によっては音楽家として華々しい原点と思うかもしれませんが当時は本当に地獄でした。
習っていた先生がとにかくヒステリックな人で
少しでも間違えたら罵声を浴びさせられ、ちょっとでもフォームが崩れれば叩かれる。
そんなレッスンでした。

当然、何度も親には辞めさせてくれと懇願しましたが

「男なら一度始めたものを途中で投げ出すのはいかん!」

ということで聞き入れてはくれませんでした(結局10年続けました)

一応、小さい頃から始めていたので絶対音感だけは身に付きましたが実生活には全く役に立ちませんでした。
せいぜい当時流行っていたゲームの曲を耳コピして、クラスメイトから「スゲェ!」と言われたくらいです。
そんな感じでしたので当時の自分にとっては音楽は自分を苦しめるだけの大嫌いな存在でした。
violin
多分小学生1年か2年の頃の発表会。奥の奥にいる人が例のヒステリックな先生です。
人生の中で私を一番泣かしたのは間違いなくこの人です。

ところが中学生になった頃、転機が訪れます。
私にはタケちゃんという2歳年上のイケメンの従兄弟がいて
(どのくらいイケメンかというと高校時代にはファンクラブがあって
普通に街を歩いているだけで逆ナンされるレベルでした。残念ながら既婚者なので紹介はできません/笑)
髪を染めたり、ピアスを開けたりといった、親の嫌がる事は全て彼の悪影響なのですが
中学一年の夏休みのときにXというバンドを彼から教えてもらいました。

もう聴いた瞬間に世界が180度変わるくらいの衝撃を受けたのを今でも覚えています。

音楽が言葉には出来ないくらいスゴかったというのも当然ありますが
さらに衝撃だったのはあんなに激しいドラムを叩いて、
狂ったようなパフォーマンスをしているYOSHIKIさんが
実はクラシック出身でピアノまで弾いているということでした。

当時は音楽は嫌い、
特にクラシックなんてダサイ、
男がやるようなもんじゃない、
としか思っていなかったのであんな人がこの世にいるのが信じられませんでした。

さらに同時期にLUNASEAというバンドも知ったのですが
ギタリストのSUGIZOさんも同じようにクラシック出身で
彼の場合はなんと自分の同じようにバイオリンも演奏していたのが衝撃でした。
これまでバイオリンを弾いている姿をカッコいいなんて
一度も思ったことはありませんでしたが彼は「別格」でした。

そんな彼らを見て自分も音楽をやりたい、
彼らのような存在になりたいと思うようになるのは自然な流れでした。
そこからバンド活動を始め、ライブやレコーディング、サポート活動など音楽漬けの生活が始まります。
ここからの話は長くなるのでまた別の機会にでもお話し出来ればと思います。
17sai
高校2年生の頃、ライブの楽屋にて。こうなったのも全部タケちゃんのせいです…


このままではプロにはなれない

ところが20代中盤の頃にある壁にぶつかりました。
その頃には少しずつプロの方々とのつながりが出来始めて
ひょんなきっかけで名前は伏せますが
あるヴォーカリストの方のライブのサポートをやらせていただく機会を得ました。
(誰か気になる方は 無料体験レッスン時にでも聞いてください)

90年代にはオリコンチャートにも入った方です。

そんな実績のある方のサポートができるということで超気合いが入りました。
今だから言える事ですがこれをきっかけに、
あわよくば上にステップアップできるかも…なんて下心もあったのも確かです。

ところがサポートを担当する曲を聴いてみるともう出所のわからないコードだらけ!
実はPOPS系の楽曲ってバンド系と違ってアカデミックな背景のある作曲家の方が作ってることも多いので
聴きやすいけど実は音楽的には高度なことをやっているパターンが多いんですよね。

そのヴォーカリストの方の場合もそうでした。
そしてPOPS系だと調和が命なのでそれまで自分がやってきたロックやクラブミュージックのように
センス一発だけでは強引に乗り切れない場面も多々あるわけです。

ですので試行錯誤はしてみるものの
どうアプローチして演奏やアレンジをすればいいのかわからず
常にクエスチョンマークが頭にある状態で作業せざるを得ませんでした。

…結局そのサポートをやらせていただいたライブは散々な結果でした。
中にはよかったと声をかけてくれた人はいましたがそのときの敗北感は今でも忘れられません。

ただ言い訳するようですが決して手を抜いたわけではありませんでした。
ライブ前の一週間は睡眠は2、3時間であとはサポートの作業に集中。
もちろん当時はバイトもしながらでしたので本当に身を削るような思いで取り組んでいました。

だけど結果が出せなかった。

一応高校卒業後、親の顔を立てるためというのもあり
ある音楽系の専門学校の作曲科に進学して勉強した時期はありましたが正直あまり身になりませんでした。

例えばDTMの授業だとある生徒が

「先生〜!音が出ませ〜ん!」

と授業をストップさせその生徒の機材から音が出た頃には授業が終わってるなんて日もありました。
(そんなレベルでも卒業できちゃうのが専門学校のスゴいところです)
19sai
専門学校時代。某ライブハウスにて。ちなみにすっぴんです。肉体的にはこの頃に戻りたい!

そんな調子の授業ばかりでしたのでせっかく進学させてくれた親には申し訳ない気持ちもありつつも
学校そっちのけでバンド活動ばかりに没頭するようになりました。
一応卒業だけはしましたが結局は学校なんてこんなもんだ、
バイオリンのレッスンだって結局は自分に変にトラウマを植え付けただけじゃないか、
人に音楽を習うのは無駄で無意味だと冷めた目でレッスンというものを捉えるようになりました。

ですのでその後、伸び悩みみたいなものを感じても
「人に習ったら負け」
と頑に拒否をしてきたわけですがそのサポートで失敗してしまったときになって心から思いました。

そんな小さなことにこだわっている場合じゃない、と。

あれだけがんばったのに結果が出せなかったのは
きっともう努力とか根性だけじゃ乗り切れない壁があってそれがプロとアマの差なんだ。

そしてその壁を超えれないと俺は間違いなくプロにはなれない…!

それまであった無駄なプライドは全部捨てて、
機材や服などに使っていたお金も全てレッスンに回す勢いで
様々なミュージシャンの方に習うのを決意しました。


尊敬できる師匠との出会い

それからボイトレやギター、作曲、編曲など
様々なレッスンを受けるようになったわけですがそのとき自分は26、7歳。

客観的に見ても決して若くて可能性に溢れているとは言いがたい年齢でした。

ですがだからこそ人一倍努力しなければと
バイオリンを習っていた頃や専門学校時代とは比べ物にならないくらい貪欲に音楽に取り組みました。

幸いにも良い先生ばかりに巡り会えたおかげで (一部そうじゃない方もいましたが/笑)
毎回のレッスンが目から鱗が落ちるようなことばかりで
今まで教本とかで一人でやってきたことはなんだったんだろうとか、
苦痛でしかなかったバイオリンのレッスンや
おままごとのような専門学校の授業は一体なんだったんだろうと愕然ともしましたが
レッスン毎に今までの行き詰まり感が嘘のように解消されて
自分がどんどん成長するのを実感していくうちに
もっともっと音楽を深く勉強するためにアメリカの某音大を目指したいという気持ちが芽生えてきました。

クラシックに対しては幼少期のバイオリンの件もあり
ネガティブな感情ばかり抱いていましたが
音大に関しては実は密かな憧れがあり
自分の安易な気持ちで音大ではなく専門学校に進学してしまったことをずっと後悔していました。

でも今更日本の音大に入り直しても「食える音楽」は教えてくれるとは到底思えませんでしたし
何よりアメリカにさえ行けばフリーターをやりながら音楽をやっている
ワナビーミュージシャンな現状から抜け出せるんじゃないかという
過剰な期待と甘えが心のどこかにありました。

そんなわけで受験勉強も兼ねてその某音大出身の方にレッスンを受けようとリサーチしているなか、
出会ったのが私が心から尊敬している師匠でした。
専門学校時代に作曲を習っていたときは理論を算数的、暗記もの的に解釈している先生が多く、
自分もそんなもんだと思っていたのですが、その師匠は「哲学」のように理論を捉えていました。
最初は単なる受験勉強のつもりで習っていましたが
いつの間にか師匠の語る音楽の深さ、
理論の面白さと「音楽を書く」楽しさに取り憑かれていました。

そして一年後にはその師匠のカリキュラムを全てマスターすることができました。

それは早いか遅いかはわかりませんが
これまで師匠が教えてきたなかで最速でマスターできた方は2年かかったそうです。

ちょうどその頃、ある音楽事務所と作家契約したり、
フリーでも色んな仕事を承けるようになり、
儲かってはないけどなんとかバイトはしなくても済む「一応プロ」な状態でした。

ですがその年に母が癌を煩いました。
幸い早期の発見だったため命に別状はありませんでしたが
今まで病気知らずだった母が倒れたのはショックでした。
現在でも定期的な検診を受けており、たまに病院に付き添います。
無名かもしれないけどやっとプロとしてスタートできたキャリアやチャンスを捨てて、
さらに自分のわがままのためだけに家族の状況を無視して
このままアメリカに行っていいものか悩んでいました。

師匠のカリキュラムをマスターできたということは
少なくとも作曲や編曲に関しては
行きたいと思っていた音大で習うことはもうないといってもおおげさではないわけです。
師匠はそこの音大の出身なので当然レッスンもその音大のメソッドをベーシックにした内容でした。
事実、その音大の教科書を見る機会がありましたが
知らないこと、わからないことはほぼありませんでした。

しかし学ぶことがほぼないとはいえ卒業さえすれば
アメリカの名門音大卒という肩書きは手に入れることはできます。

いや、卒業しなくても入学さえすればいいのかもしれない。
ホリエモンも言ってましたが日本において大学とは何を学んだかよりも、
どこ出身かの方がはるかに意味があることなのだから
それまで抱えていた音大コンプレックスのようなものから開放されるかもしれないし、
安泰とはいかなくても自分を支えてくれるブランドのようなものが手に入るんじゃないだろうか?
という思いや迷いも完全にぬぐい去ることはできませんでした。

そこで最後のレッスンの日に師匠に質問をしました。

「今からアメリカの音大へ留学する価値はありますか?」と。

すると師匠はハッキリと「行くだけ無駄」と答えました。

師匠曰く、

「仮にもし今から留学したとしても卒業する頃には30をとっくに超えているし、
自分よりも年齢も音楽レベルも低い子たちと混ざって
高い学費を払ってまで、
日本での生活やキャリアを捨ててまで、
既に知っていることをわざわざ勉強し直す必要はない。
もし音大に対してコンプレックスがあって変な色目があるならバッサリ捨てた方が良い。
君はこのまま日本でプロとして結果を出しなさい」

自分の心を見事なくらい見透かされた気がしました。

その後、すぐにその音大への留学用に貯金をしていたお金で機材やデスクなどを買いました。
正直留学するには全然足りないお金でしたがアメリカへ留学するという逃げ道を作らないためにも、
そしてこれから仕事にさらに集中するためにも潔く全額使うことにしました。

自分を成長させてくれただけでなく、迷いも断ち切ってくれた師匠には本当に感謝しています。
desk
留学用のお金で買ったMEGのスピーカーとオーダーメイドのデスク。スピーカーは音質もお値段も激ヤバです!


それからプロとして仕事することに集中することになり今に至っています。
もしかしたらレッスンの動画などをご覧になってくれた方のなかには
この人はスゴイ人なんじゃないだろうかと思ってくれた方もいるかもしれませんが
残念ながらアカデミックでエリートな背景なんてこれっぽちもない

元々は音楽嫌いで挫折と失敗と絶望を繰り返してきた負け犬だった、

というのが正しいところだと思います。もしがっかりした方がいたら謝ります。

しかしそんな負け犬でも尊敬する師匠の出会いや、自らの努力によって前に進むことが出来ました。

28歳までフリーターで、自分探しと、遠回りばかりしていた自分だからこそ伝えられること、
もしくは伝えられる人がいるはず、そう信じてレッスンをしています。

正直なところ自分の恥部としか思えない過去を公開することにためらいがなかったわけではありません。
しかしこうやって自分の過去をシェアすることによって
作曲や音楽理論を学びたいけど様々な理由で一歩を踏み出せない方の
参考や背中を押すようなきっかけになるのではないのかなとも思いました。
もし少しでも何か感じるものがありましたら講師として非常に幸いです。

ここまでご覧になっていただきありがとうございました。