クリエイターのためのミックス&マスタリング

現在、テクノロジーの発達と機材の低価格化で誰しもが気軽にレコーディングを楽しめるようになりました。
しかし本来であればレコーディングもミックスもマスタリングも
音楽スタジオのエンジニアの専門分野であり、
私個人としては餅は餅屋ではないですが専門分野は専門家に任せるべきだと考えています。

しかし現実としてそれは難しく、
コンペやデモでも最低限のエンジニアリングが出来ていないと
曲がどんなに良くても聴いてもらえないのが現状です。
残念ながらこの流れはどんどん加速していくと思われます。

そんな状況をいくら嘆いたところで現実は1ミリも変わりませんので
我々クリエイターも最低限のエンジニアリングのスキルは身につける必要があります。

ただクリエイターとしてもエンジニアリングの知識や技術は
アレンジに直結する部分も多々ありますので学ぶメリットはありますし、
何より自分の曲を出来るだけ良い音で聴いてもらいたい!
と願うのはクリエイターなら誰しもが思うはずです。

ですのでこの講座ではクリエイターとして
必要なミックス、マスタリングのスキルを短期間で習得することを目的としており、
WAVやmp3などのファイル形式やビットレートといったド基本の知識から
コンプやEQ、ディレイ、リバーブなどのプラグインのパートごとの効果的な使い方や選び方、
音楽的なエディットや耳に痛くない音圧の上げ方、
ミックスやマスタリングでやりがちなNGポイントまで学んでいきます。

レッスンではCUBASEを使用しますが、ソフトの表面的な操作よりも
他のDAWソフトでも応用可能なことを教えていますので、
CUBASEユーザー以外の方も受講可能です。

ちなみにモニターはあのMusikのRL906を使用しています。
プロのエンジニアも大絶賛する高解像度モニタースピーカーです。
ご自身のミックスした音源をこのモニターで確認する機会もなかなかないではないでしょうか。
desk

・対象
DTM、DAWで楽曲を制作しているがいつもミックス関係で悩んでいる方。
デモのクオリティーを短期間でより向上させたい方。
オリジナルのCDなどを作りたい方。
※初心者の受講ももちろん歓迎ですが
録音、再生、ファイルの読み込みといった
最低限のDAWソフトの操作は可能であることが望ましいです。

・必要なもの
最低限のDAW環境。
必須ではありませんがPSP Vintage Wammer推奨。

・期間
6〜10回程度がおおよその目安です。
人によってもっと時間をかけてじっくり学ぶことも可能です。