レッスンの特徴・理念

・音楽理論をレッスンのコアとしている理由
Music-Theory-Singing-Lessons-Vocal-Students
現在、様々なジャンルの音楽が世の中にありますが
メロディやコードを軸に楽曲が構成されている場合がほとんどであり、
それらを自在にコントロールするためには音楽理論の知識が必要です。
なぜならソフトや機材の使い方以上に音楽の内容を左右する影響力があるからです。

特に誰もがお金さえ払えば
プロと同じツールを簡単に手に入れられる現在、
ちょっと打ち込みができるくらいでは差別化できません。
今後より音楽そのもののコンテンツ力が問われると思われますので
ミュージシャン、クリエイターとして音楽理論を避けては通ることはできないと考えています。

ツールやテクノロジーは時代の流れとともに陳腐化していきますが
音楽理論は長い年月の経年変化に耐えてきた
確かな実績がありますので学ぶメリットは多いにあります。

様々なジャンルにも対応出来る基礎力と応用力、
音楽をマクロな視点から俯瞰出来る演繹性、
そしてミュージシャン、クリエイターとしての確かなコンテンツ力を磨くため
音楽理論をコアとした作曲・編曲のレッスンを行っています。


・各自の音楽性や目的に合わせて選べるDTM、DAWなどのサイドメニュー
cubase1
音楽理論は作曲だけでなく、アレンジや演奏、
そして既存曲の分析や研究にも使えるため汎用性が非常に高いですが
DTMやDAWに関しては各自の音楽性や方向性により目的がバラバラです。

スポーツカーがたくさん荷物を詰める必要がどこにもないように
ギタリストがギターの打ち込みが出来る必要はありませんし、
弾き語り系のシンガーソングライターが最先端のビートを打ち込める必要もありません。

その一方で作曲や演奏だけでなくサウンドも含めて楽曲の全てをコントロールしたい
ハイブリッドなクリエイターやミュージシャンを目指す方もいるかと思います。

そのようなニーズに無駄なく応えるためDTMやDAWに関しては
希望者のみ選択講座としてメインである音楽理論のレッスンに追加する形で受講可能です。

音楽理論のレッスンが音楽や作編曲の全体を包括するマクロ的な内容であるなら
選択講座ではとにかく制作のミクロ的な部分にとことんまでこだわった内容となっております。
(例:ミックスやマスタリングに特化した講座、生ドラムの打ち込みに特化した講座など)
各自の目的にあった講座だけ選ぶことで理論、制作ともにバランス良く学ぶことが可能です。


・オリジナルの教材
テキストなどは市販のものではなく私が制作したオリジナルの教材を使用します。
(日本語の教材や教本で学習に適したものは私の知る限りあまりありません)
ですので教材費はかかりません。

内容によっては手書きで譜面に書きながらレッスンを進めます。
A4横ファイルに綴じていくことで自分だけのレッスンファイルが完成していきます。
サンプルもありますのでご覧ください(画像をクリックすると拡大出来ます)。
eq
また巷のレッスンではジャズのスタンダード曲を題材にしてレッスンすることが多いようです。
もちろんそれはそれで大事なことなのですが世の中はそれ以外のジャンルにも名曲が多数存在します。
世の中でヒット曲、名曲と呼ばれているものがなぜそう呼ばれているのか、
理論的な側面から分析してみると単なる好き嫌いを超えた理由が見えてきますし
ご自身の音楽性がより広く、より深くなるきっかけにもなると私は考えています。
ですので課題曲やアナライズなどはジャズのスタンダード曲だけではなく
J-POP、洋楽、クラシック、映画音楽、ゲーム音楽やアニソンまで幅広く取り扱っています。
おそらくnine inch nailsの曲を採用しているレッスンは他にはないと思います(笑)。
自他ともに認める音楽ヲタクでもありますので
レッスンを通して様々な音楽やジャンルとの出会いのきっかけを提供したいと考えています。


・レッスンの録音
itunes_welcome
レッスンは毎回録音してお渡しします。
はっきり言って一回のレッスンを受けただけで完璧にマスターできる人は稀です。
当然復習の必要性があるわけですが
私たちは普段視覚に頼り切った学びが多く、
「耳」からの学びというのをあまりしていないように思います。

私自身、作曲を勉強していた時期に一番効果があったのは、
レッスンを録音した音声を空き時間や移動中などに聴くことでした。

もちろん自分は目で学ぶだというタイプの方もいるかと思いますが
一度試しに耳から学ぶということを実践してみてください。
想像以上の質の高い学びの効果に驚くはずです。

特に音楽をやっている方は一般の方よりも耳の感度が高いので非常に相性の良い学び方です。
自分だけのレッスンの音声を繰り返し聞く事で良い復習になりますので
次回のレッスンまでに最低1回は聞いてもらうのを勧めています。


・受講中はもちろん修了や退会後もサポートします
Mac-OS-X-10.10-Yosemite-Mail-icon-1024x1024
レッスンのカリキュラムにはない個人的な質問や相談、
(機材購入の相談、おすすめの音楽、音楽活動についてや人生相談まで幅広く可能です)
曲のアドバイスが欲しい場合もレッスン時間内でしたら可能ですので気軽にどうぞ。
またレッスンの受講中だけではなく修了や退会後も質問等あれば
常識の範囲内で3ヶ月までは無料でメール等でサポートします。
※あるレッスン生の質問に対して返答した例をブログにて公開しました。
http://blog.kohtaro.com/?eid=233