FAQ

レッスンでよくある質問、お問い合わせに関しての
FAQ集を作ってみました。
人によってはこのページを見ただけでも、
もしかしたら問題解決へのヒントになるかもしれません。
今後、随時追加いきます。


・どんな人が通っていますか?
10代後半~40代の男性が中心ですが
ここ最近は女性の受講も増えて脱・男塾化に成功しました(笑)。
学生の方、社会人の方、フリーターをしながらプロを目指している方、
既にプロ、セミプロとして活動している方、
ブランクがあるけれどもまた本格的に音楽に取り組みたい方、
音楽学校出身でさらに学びたい、もしくは学び足りなかった方、
音楽事務所や芸能事務所に所属している方など様々な方が通っておられます。
レッスン生の声も公開していますのでご覧ください。


・初心者でも大丈夫ですか?
もちろんです。
今アドバンスなレッスンを受けている方も最初はコードのコの字もわからない人ばかりでした。
それでも一年もすればコードの知識などはプロと遜色ないくらいまで成長しています。
ただし巷の音楽レッスンや音楽学校のような甘さ、ヌルさ、ユルさを完全に排除していますので
習い事感覚で出来るお手軽なレッスンではありませんが現状のレベルに関しては一切問いません。
もちろん年齢や音楽歴なども問いません。
本気で成長したいという強い想いや覚悟があれば充分です。


・レッスンの対象は?
基本的には作曲、アレンジ、音楽理論をメインとしていますので
音楽を作りたい、もしくは音楽理論を自分の作品や演奏に活かしたい方向けの音楽レッスンです。

独学で挫折した、
自分だけのオリジナル曲を書けるようになりたい、
メロディのコントロール力をつけたい、
もっとアレンジやハーモニーのバリエーションを増やしたい、
コードの知識をもっと深めたい、
感覚、感性だけに依存しない音楽的な確信を持って作曲や演奏がしたい、
理論コンプレックスから抜け出したい、
曲を最後まで書けるようになりたい、
クラシックの理論は勉強したがポピュラー、ジャズの理論も学びたい、
演奏のレッスンを受講しているが理論的な側面をもっと強化したい、
プロの作曲家、アレンジャー、ミュージシャン、アーティスト、クリエイターを目指している、
アマ志向だが単なるサークル感覚のレッスンでは満足出来ない、
名曲が名曲である理由を理論的な側面から知りたい、
音楽をもっとディープに聴けるようになりたい、
kohtaroの音楽観、価値観に共感した、
使える音楽理論の動画が面白かった…etc

上記に一つでも多く当てはまるようでしたらおそらく役立てるかと思います。

年齢、性別、音楽性、プロ、アマ、現状のレベル(初心者可)は問いませんが
本気で成長したい方だけを対象としているため、
趣味やお遊びなど習い事感覚の方の受講はお断りさせていただいています。

また仕事の斡旋、人脈の提供を期待している方のレッスンもお断りさせていただいています。
そーゆーのは自分でがんばってください。


・アマ志向ですがレッスンを受講できますか?
もちろん大丈夫です。
他に仕事は持っているけれども
自分にとって音楽は決してお遊びや単なる暇つぶしではない、
本気でやっているという自負があるのでしたら
その人はミュージシャンであると私は考えていますし
アマ志向のレッスン生にも一人のミュージシャンとして接しています。
実際にレッスンのカリキュラムもプロ用、アマ用で分けてはいません。
音楽を本気でやることに関してブログでも過去に書いたことがありますのでよければご覧ください。
http://blog.kohtaro.com/?eid=126


・楽器は出来た方がいいですか?
レッスンでは楽器の演奏に関してはほぼタッチしませんが出来た方が絶対に良いです。
自分は打ち込みの人だから演奏なんて出来る必要はないという
純クリエイター型の方もいるかと思いますが
基本的に音楽は頭と身体と心の3つを同時に使わなければ一気に習得率が落ちると思っています。

理論書や教則本を読むだけでは頭しか使えませんが
そこに楽器で実際に音を出してみると身体と心も使うことになりますので
一気に学習の効果を上げることができます。

多くの方が独学で理論書や教則本で勉強しても挫折してしまうのは頭しか使ってないから、
というのが原因の一つのような気が個人的にはしています。

仮にどんなに下手でも何も演奏しないよりは遥かにマシですし
演奏することを通してクリエイターとしての視野も確実に広がりますので
自分は純粋なクリエイターだというタイプの方も
是非楽器の演奏はしていただきたいと思っています。

もし今、何も楽器をやってないようでしたらとりあえず鍵盤を弾いてみることをおすすめします。
打ち込みのスピードも上がりますし、
音を視覚的に簡単に把握出来るのでより音楽理論の理解が深まります。
他の楽器を演奏している方にもオススメです。

希望者には簡単なキーボードトレーニングも行います。


・DAW環境がないとレッスンは受けられませんか?
最初のうちはなくても大丈夫です。
高価でなくてもいいのでキーボードやピアノさえあればレッスンはこなせます。

ただしレッスンのAdvancedからはDAW環境はないと正直厳しいです。
あとスマホで何もかも済まそうとする人は
最低限のPCスキルやITスキルは身につけてもらいたいのが本音です。
これはレッスンがどうこうではなくて現代人として(笑)。

もちろん機材の購入でわからないことがありましたら気軽に相談ください。
過去にコラム「音楽制作に最低限必要なもの」にも
詳しく書いたことがありますのでよければこちらも参考にしてみてください。


・レッスンを受ければプロになれますか?
そんなの知りません(笑)。
ここはハローワークではなく学びの場ですので音楽的な成長以外は期待しないでください。
ただしアドバイスや相談などは出来ると思います。


・スカイプなどインターネットを使ったレッスンは行っていますか?
残念ながら行っていません。
実際、過去にテストで行ったことがありますが思うような成果が出ませんでした。

確かにネットを使えば地理的な問題を簡単にクリア出来るので通う方の負担は減りますし
巷でもネットを使ったレッスンは増えています。

しかしそのことでレッスンがお手軽なものになり結果、習得や成長の邪魔をしているように思うのです。

レッスンとはただテクニックや知識さえ教わればそれでいい、というものではありません。
学びのために身銭を切り、時間をかけて移動をし、
講師と生徒が顔を合わせて同じ時間を共有し、そこでの課題を家に持ち帰り取り組む。
そんな手間隙をかけるからこそ技術や知識というものは自分の血肉になり
そのための「場」としての役割がレッスンにはあると私は考えています。
逆をいえばどれか一つでも欠けてしまうとレッスンは「場」として機能しなくなるとも言えます。

私のレッスンは成長することを第一としていますので
成長を疎外する不安要素のあるレッスンは無意味と考えています。

ですのでインターネットを使ったレッスンは
現状では成長という面では益よりも害の方が大きいという判断から行っておりません。

遠方の方などにはご迷惑をおかけしますがご理解いただければ幸いです。


・レッスンの予約は平日も可能ですか?
可能です。
むしろ土日は混み合いやすいので
今のところ平日の方が予約が取りやすいと思いますし
料金も平日割ということで若干割引されます。


・通う時間があまりないので同じ日に月2回分連続して受講したいのですが大丈夫ですか?
はい。
ただし2回分のレッスンをその日のうちにやることになるので宿題などが多めになります。


・kohtaroさんのレッスンは楽しいですか?
多分楽しくないです(笑)。
ただ音楽や作曲が好きな人にはinterestingという意味で面白い内容だと思います。
ぶっちゃけ楽しみたいだけの人は音楽のレッスンなんて行く必要ないと思ってます。
楽しむだけだったら独学でも自己流でも出来ますしね。


・他のレッスンよりも料金が安いのはなぜですか?
私も正直安過ぎると思ってます。
個人でやってるというのもありますがお金のないミュージシャンのために
クオリティの高いレッスンを安い値段でと思ってこの値段設定にしています。
が、そのことで

「レッスンの内容に自信がないのではないか?」

と舐められるのもイヤなので
今後段階的にどんどんレッスン料金に関しては値上げしていくことにします。
将来的にはまずは一時間一万円くらいのレッスン、講師になることを小さな目標としてますので
習うならなるべく早い段階で入門していただいた方がお得かもしれません、
とだけ言っておきます。


・自分の音楽活動や音楽性に口を出されたり、否定されないか心配です…
それは100%ないので安心してください。
自分の書いた曲をアドバイスして欲しいと相談された場合は別ですが
特にレッスン生側からのアクションがない限り
私の方からレッスン以外の音楽活動や音楽性について口を出すことはありません。
レッスンでの課題で理論的な整合性がとれていない場合に
「これはどうだろう?」と指導することはあっても
ご自身の音楽では私が教えた内容を全否定するくらいの極端なアプローチをしてもいいと思っています。
ですので講師の無駄なおせっかいに関しては心配無用です。
(せいぜい最近こんなのよく聴いてる、みたいにオススメ音楽を紹介するくらいです)

ただしレッスンに関すること以外、余計な口出しをしないということは
それぞれの音楽活動や創作活動は自分の判断と責任でやらざるを得ないということです。
そのような意味で私はあまり優しい講師ではないのかもしれません。


・子供の送り迎えをしたいので保護者もレッスンに同席してもいいですか?
このご時世お子さんを一人で通わせるのは不安な保護者の方も多いかと思います。
狭い部屋でレッスンをしている関係上、窮屈な思いをされるかと思いますが
レッスン生の他一人までなら保護者や関係者の方の同席が可能です。

その他、特に女性の方などで密室で二人きりになるのに抵抗がある方も
事前に言ってもらえれば一人までなら関係者や同行者の方を同席させることも可能です。
ただしあくまで同席を許可するだけですので
一緒にグループレッスンとして受講することは出来ません。


・譜面の読み書きは一切出来ませんし、理論も全然わかりませんが音楽は作れてます。正直レッスンで作曲を習う意味や必要性が見いだせないのですが?
私は義務教育以降の教育に関しては
学びに飢えている人以外には全く不要だと考えていますので、
もし今の自分の音楽的な能力に不満がなかったり、
レッスンの必要性を感じてないのなら迷わずそのまま我が道を進んでください。
今後、習う意味や必要性を感じた場合のみレッスンを検討すればいいと思います。


・卒業の基準はなんですか?
メインのカリキュラムを全部終わらせたら卒業という形になります。
ただ全ての人が1から10まで完璧に全て学ぶ必要はないと思っていますので
自分の求めるレベルに合わせて切りの良いところで修了という形もとっています。
この辺りの判断はそれぞれのレッスン生にまかせています。
が、最低限Basicくらいまでは受けてもらいたいなというのが本音です。


・譜面の読み書きも楽器の演奏も出来ないのですが作曲に興味があります。レッスンは受講可能でしょうか?
もちろんです。
譜面の読み書きが出来ない人はこれまで何人も教えてきましたが
今のところ一回レッスンを受ければだいたい読めるようになっています。


・宿題はありますか?
あります。
レッスンごとに宿題を必ず出しています。
宿題をこなして初めて次のレッスンに進める事ができます。
特に作曲や音楽理論は積み重ねなのでそれを怠ると必ず行き詰まります。


・レッスンを受講するにあたってMacとWinどちらがいいですか?
課題が制作できるのならどちらでもいいです。
が、Mac信者の自分としては是非Macの方をおすすめします(笑)。
レッスン生でもMacに乗り換えた人は何人もいますが
みんなMacにしてよかったと口々に言っています。


・レッスンで決められたカリキュラムではなく自分が習いたいところや興味のあるところだけをピックアップして受講することはできますか?
原則的には全てのレッスン生は私がこれがベストであろうと定めた
音楽理論を中心とした体系的なカリキュラムの内容を受講していただいています。
人によってレッスンの内容が前後したり、内容量を調節することはあっても
受講者の習いたいところ、
興味のあるところだけを教えるつまみ食い的なやり方では
(例:●●みたいな曲の作り方だけを知りたい、など)
理解や知識に偏りが生まれてしまうと考えていますので
そのようなレッスンをご希望なようでしたら残念ながら私ではお役に立てないかもしれません。

ただレッスンのカリキュラムと並行して
例えばCUBASEの操作がよくわからない、
自分の好きなアーティストの曲のアナライズを一緒にやってほしい、
オリジナル曲のアドバイスや意見が欲しいといったことでしたら対応可能です。


・地方在住ですが音楽活動の関係で都内にしばらく滞在します。その期間に集中してレッスンを受講することは可能でしょうか?
可能です。
その場合は受講可能な期間や予算などと相談して
現行のカリキュラムを元に出来る限りベストなメニューを提示させていただきます。


・作曲のレッスンの他にボイトレや楽器の演奏に関しても教えてもらえますか?
鍵盤の経験のない方には作曲のためのちょっとしたキーボードトレーニングは行ってはいますが
楽器の演奏やボイトレに関しては専門家ではないのでそれらに特化したレッスンは行っていません。
もし楽器の演奏の技術や知識を向上させたいのなら
餅は餅屋ではありませんが私のレッスンを受講するついでに…
などとセコイ事を考えずに専門のプレイヤーの方のレッスンを別途受講するべきです。
もちろん一円でもレッスン料金を節約したい気持ちはわかりますし
それほど専門的な技術や知識を求めていなかったとしても
自分への投資をケチってもいいことはありません。

ただし審査員やプロデューサー、クリエイター目線でのアドバイスなどは出来るかと思います。


・サイドメニューのみの受講は可能でしょうか?
前はやっていましたが現在は生徒増加のため
サイドメニューの受講はレッスン生と私の身内や関係者の方に限らせていただいております。


・レッスン時間は1コマぴったり60分ですか?
レッスン時間の他、
質問、準備、片付け、スケジュールの確認や月謝のやりとりなどの諸手続きも含めますので
実際には1コマ50〜60分の間くらいが正確なところだと思います。
万が一、レッスンを進行する上で60分を過ぎてしまった場合でも
原則的に延長料金や追加料金はいただいておりませんのでご安心ください。


・使える音楽理論の更新が遅いのはなぜですか?
ぶっちゃけ面倒だからです(笑)。
個人的には更新したい気持ちはあるのですが
自分の音楽活動とリアルのレッスンが忙しく制作の時間が取れないのが現状です。
もし続きが気になるのなら実際にレッスンを受講してみてください(笑)。


・レッスンとは無関係の自分の音楽活動の作品のアドバイスはしてもらう事は可能ですか?
可能です。
レッスン以外の音楽活動に関してはこちらから口を出したり、
作品を持ってくるよう催促はしてはいませんが
アドバイスが欲しかったり、純粋に聴いてもらいたい気持ちがありましたら
遠慮なく音源を持ってきてください。
私としてもレッスン生の作品を聴かせてもらう事は
楽しみの一つでもありまし、大きな刺激にもなっています。


・使える音楽理論の動画を観ても正直難しくてよくわかりませんでした…こんな自分でもレッスンは受講可能でしょうか?
正直なところ使える音楽理論の動画を観てピンと来なかったら
習いたい方向性が私のレッスンとズレている可能性があると思います。
しかしレッスン生の中には使える音楽理論の内容はよくわからなかったけれど
私のレッスンのやり方、あり方に共感して入門してくれて
今では理論好きになった方が少なからずいるのもまた事実です。
以上のコメントで判断していただければ。


・CUBASE以外のソフトでもレッスンは受講可能ですか?
可能です。
ただしCUBASE以外のソフトの扱いに関しては正直疎いので
細かい操作方法に関してはお伝えすることは難しいかなと思います。
ですのでDAW関連のレッスンでは
私がCUBASEを使って教えた内容をご自身が使用されているソフトに
反映、置き換えすることができる程度のオペレーションスキルは
既に習得済みであることが望ましいです。


・レッスンの問い合わせをしたのですが返信がありません。
通常24時間以内に折り返しメールにてご連絡しておりますが
こちらからのメールが迷惑メール扱いになっている、
携帯メールの設定でPCメールがブロックされている、
などの理由でメールが届かない場合があります。
数日経っても返信がない場合はお手数ですが、
メールの設定等を見直した上で再度メールでお問い合わせいただくか、
各SNSなどからお問い合わせください。


・レッスンをキャンセルした場合、振替は可能ですか?
レッスンのキャンセルは3日前までにご連絡をいただいた場合は
振替及び時間の変更など無料で対応していますが、
それ以降(2日前〜当日)のキャンセルや再振替に関しては
事故や災害、冠婚葬祭などの特別な事情を除き、
原則有料キャンセル扱いとさせていただきます。

ちなみにこの場合の有料キャンセルというのは
新たに料金を徴収するのではなく
既にいただいている料金をレッスンをしたと見なして消化する、
という意味です。

もちろんキャンセルの理由は色々あると思います。

レッスンの当日に体調を崩した、
急な仕事や残業が入ったなどの止むを得ない場合もあれば、
寝坊した、レッスンの日を間違えたなどのうっかりもあると思います。

ただこれらの理由を個別具体的に聞いていたら
キリがないところがありますので
大変申し訳ありませんが
2日前〜当日のキャンセルに関しては
事故や災害、冠婚葬祭などの特別な事情を除き、
一律有料キャンセル扱いとさせていただきます。

ただしその場合はフォローとして
次回のレッスンを1コマにつき30分追加します。
無断欠席以外の理由でしたら
仮に寝坊やレッスンの日を間違えたなどの
生徒さんに過失があるような場合でも対応しています。

ですのでお互いがなるべく損がない形で
レッスンしていきたいと考えていますので
ご理解いただければ幸いです。


・毎回同じ時間、曜日での受講は可能ですか?
善処は致しますが確実なお約束は出来かねます。
理由としてはフリータイム制という形をとっていますので
希望の日時に他の生徒さんがレッスンが入ったり、
私のスケジュールの都合などで
毎回同じ日時でのレッスンのお約束が出来ないからです。

もちろん出来る限り生徒さんの希望の日時でレッスンが行えるよう努力致しますが
最近は生徒さんも増えてきたこともあり
同じ曜日の同じ時間に希望が出されることも多くなってきましたので
お互いが譲り合いつつ柔軟にスケジュールを決めていければと考えています。

もしあらかじめ前もって予約を取りたい場合は
前月の20日からメールで受け付けています。


・レッスンを受講したいと考えていますが経済的に厳しいです。どうしたらいいでしょうか?
経済的に困難な中であっても
音楽や作曲を学びたいという気持ちは買います。
しかし良くも悪くも芸術やエンターテイメントは
ある程度の経済的なゆとりの上で成立するものです。

経済的に困窮している方の生活や人生を犠牲にさせてまで
レッスンの料金をいただいたり、機材等を購入していただくのは
やはり講師としては胸が痛みます。

最近ではレッスンに通わずとも音楽に関する情報やノウハウが無料で溢れています。
私もレッスンの動画を公開していますし、
他にも有益な情報発信をしている音楽関係者やレッスン関係者も多数いらっしゃいますので
経済的、環境的に落ち着くまではそれらを活用してください。
レッスンの受講はそれからでも遅くはありません。